不倫疑惑の渡辺和洋アナが送った変態メール

2008年07月29日発売の雑誌「週刊朝日」ではフジテレビの渡辺アナが、不倫相手の女性を自身が審査員を務めるオーディションに往復の航空券代を経費で支払って呼んだり、コスプレ撮影癖があったなどと報じている。

週刊朝日より抜粋
カズはさらに「Aなら東京でやっていける」などと上京することをけしかけ、ついには
Aさんをその気にさせてしまった。Aさんは仕事を探すために7月上旬に上京した。
ところが、仕事の相談で訪ねた友人から、カズが同時期に別の女の子を熱心に
口説いていたことを知らされてしまったのだ。
「カズは、やはり局のイベントで知り合った別の子にも、毎日のようにメールを
送って食事やホテルに誘い、『彼氏と別れるのを10年は待つ』などと本気モードで
口説いたそうなんです。その女の子にもフジテレビのスタッフが『カズが君を
気に入っている』などと耳打ちしていた。つまり、周囲のスタッフがまったく同じ
手口で、組織的にカズの相手となる女を口説いているようなんです、それを知って
Aは、カズを頼りに上京したのに、自分のような立場の女性が何人もいるのでは
ないかと悩み、すっかり落ち込んでしまったのです ((引用2ちゃんねる))

その渡辺和洋アナが送った変態メールとは?

「オレは上げチン。有名になって夢をかなえた人もいる」

「カズ教に入れば、空も飛べるよ」

「東京に来てくれたら、君を癒してあげるよ。
それまでエTUチしたらダメだよ」

「今度、君を縛って、おもちゃで弄りたい。いかせたい」

「最後に飲んでほしい。オレも君をいかせるから」

「君はあげちんパワーがついてる。これからどんどん上昇だぞ」

森田真由 – レースクイーンDB